「デブ男性誌」、好調を支えるしたたかな戦略

ニッチを狙った雑誌が今熱い

倉科典仁編集長
続々と雑誌の休刊が決まっていく出版不況のなか、2015年10月に「日本初!ポッチャリ系男性のためのファッション&ライフスタイル誌」と銘打って創刊された雑誌「Mr.Babe」。まだ不定期刊行としながらも、そのユニークな誌面づくりが話題を呼び、創刊号は売り上げが好調。海外メディアからも取材の依頼が来るほど注目を集めている。かなりのニッチを狙ったこの雑誌、その好調の秘訣はどこにあるのか。「Mr.Babe」の倉科典仁編集長に聞いた。

 

――創刊の経緯を教えて下さい。

雑誌を企画し、会社にきちんと提案したのは2015年の4月ごろです。それから同年10月に第1号を発売したので、企画が通ってからの展開はかなり早かったですね。ただ、構想自体は5年前からあったんです。当時僕は「メンズナックル」というファッション誌で編集長をやっていたんですが、その雑誌は歌舞伎町のホストのような若い男の子たちがモデルをやっていたので、たまに「大きいサイズを特注で作ったから編集長も着てくださいよ!」と、ブランドの方に言われることもあったんです。

とはいえ、そういう服はサイズや着こなしでもしっくりこなかったんですよ。そこで、自分のような体型、170センチメートル前後で80~90キログラム、これは日本人のポッチャリ男性を代表する体型なんですが、さらに30~40代向けのファッション誌があればいいなあ、とずっと考えていたんです。

最初は「それ売れるの?」という反応

――雑誌不況のこの時代に社内では反対もあったと思いますが、どうやって説得しましたか。

反対はありましたよ、最初は「それ売れるの?」という反応でしたね。そこで、まずは厚生労働省のデータを調べたところ、2013年時点で日本の成人男性の3分の1がBMI(ボディマス指数、体重と身長の関係から算出される肥満度を表す指数)である値25以上で肥満体、またその傾向は下がることなく現在も増加中ということがデータとして出ていました。さらに年齢も調べたら、30~40代が最も多く、その世代は「LEON」など他の男性向けファッション誌もターゲットにしている層で、おカネもある。

次ページ客単価が高い、という特徴
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。