特許切れでも揺るがないトヨタのHV独走態勢

2013年に特許切れを迎えるが・・・

特許切れでも揺るがないトヨタのHV独走態勢

「トヨタのハイブリッド車(HV)技術に関して多数ある特許のうち、もっとも大きい技術の特許が2013年に切れる」--。

このような懸念が一部で報じられているが、9月24日に開催されたトヨタ自動車の環境技術説明会で、壇上に立った内山田竹志副会長は、「HV技術の特許切れは2013年ではない」と明確に否定した。一方、内山田副会長によれば「2016年を皮切りに(HV関連の特許は)順次切れていく」という。

それでもトヨタのリードは大きい。トヨタのHV世界販売台数は12年に100万台を超える見込み。13年以降も毎年100万台以上の生産・販売を見込み、15年までに21車種のHVを投入する計画もある。

すでに「プリウス」「アクア」はヒットを飛ばし、高級車「レクサス」シリーズにもハイブリッド仕様を設定。「ハイブリッドに強いトヨタ」のブランドを確立するとともに、技術の蓄積も進んでいる。

16年以降の特許切れによって、他社がトヨタのHV技術を使ってHV車を開発するとしても、新車開発にはそもそも数年の期間を要するうえ、関連の各種技術を熟成していくには相当な時間がかかる。当面はトヨタのHV独走体制は揺るがないだろう。

(大坂 直樹、撮影:今井 康一 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。