精神論ぬきの電力入門 澤昭裕著

精神論ぬきの電力入門 澤昭裕著

大震災以来、にわかにクローズアップされた電力問題。エネルギー政策や温暖化対策に携わってきた政策研究者の著者は、脱原発論、原発推進論共に現実的・建設的議論をせず、感情論ばかりが先行していることを憂える。そして、今後も電力を使い続ける以上、もっと現実的な立場からの議論が必要だと考える。

電力問題の現状と論点を整理したうえで、再生可能エネルギーはどこまで期待できるのか、電気料金はどうなるのか、電力会社はこのままでいいのか、など山積みの検討課題を客観的なデータを積み上げながら丁寧に解説する。

ちなみに、資源の乏しい日本は、原子力をエネルギー源の一つとして保有すべきだとするのが、著者の立場である。

新潮新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。