35匹のサメと一緒に過ごす夜は、いかが?

パリ水族館に水中ベッドルームがお目見え

 3月29日、パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。14日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 29日 ロイター] - パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。

円筒型の2人用寝室は、深さ10メートルの水槽にまるごと沈められており、悠々と泳ぐ35匹のサメと宿泊客を隔てているのはガラスの壁一枚のみ。寝室から出ることはもちろん禁止で、コンペに勝ち残ったペア3組が参加できるという。

フリーダイバーのフレッド・バイル氏は「人間がサメと一緒にいられるまたとない機会」だとし、「サメは危険だと誤解されているが、危険なのは人間の行動の方だということを理解すべきだ」と話した。

イベント終了後、「寝室」は研究用施設として使われるという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。