すぐ実感!「酢しょうが」が持つ驚きのパワー

「酢」と「しょうが」のWパワーがすごい

驚くべき酢+しょうがのパワーとは?
昨今、「酢たまねぎ」「酢キャベツ」など、「酢」を使った健康食材に注目が集まっています。食べるだけで健康的な生活が送れるなら、とトライしてみた人もいるのではないでしょうか。そんななか、また新しい食材が話題になっています。
その新食材とは――「酢しょうが」です。
こう聞いて、「酢としょうが……それはもしかしたら、“ガリ”のことでは?」と思う人が多いかもしれません。そう、確かに材料はほとんどガリ。でも、その健康効果は計り知れません。今回は、そんな「酢しょうが」の魅力をご紹介します。

すべての健康のカギは「血流」にあり

私たちの身体は、血液が巡ることですみずみまで栄養が届けられる仕組みになっています。身体が冷えていると、血液の流れが悪くなり、脳や臓器など重要な部分に必要な栄養が行き届かず、それがさまざまな不調となって現れます。

人間の理想的な体温は36.5~37.1度。これ、思ったよりも高いと思いませんか? 実は最近は、エアコンなどで温度が管理された空間にいることが長いため、自分で体温をコントロールする機能が衰え、慢性的な低体温になってしまっているといわれています。また、デスクワークによる慢性的な運動不足で筋肉が衰えているのも低体温の原因です。

体温が1度上がると、免疫力は約5倍、基礎代謝量も12%ほどアップします。体温が上がるほど、病気になりにくく、痩せやすい体になっていきます。

次ページ簡単! 「酢しょうが」の作り方
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。