東洋大学

オープンな連携でイノベーションを

東洋大学

東洋大学は、1887年に明治の哲学者・井上円了によって創立された約130年の歴史を持つ総合大学だ。哲学を建学の理念とする唯一の大学であり、近年では駅伝や水泳、陸上などの活躍からスポーツが盛んな大学というイメージも強い。一方で、2014年度には、我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学を重点支援する、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援 タイプB(グローバル化牽引型)」に採択され、2017年には新学部・学科の開設を構想するなど、グローバル人財育成の取り組みを加速している。そこで、ここでは 「世界で活躍できる人財の条件」と題し、グローバル社会で活躍するために必要な能力とは何か、どうしたら育てることができるのかを全12回の連載を通して明らかにしていく。
第9回は、IT業界の変遷とともにキャリアを歩んできた、前グーグル日本法人名誉会長の村上憲郎氏と、2017年度に東洋大学で情報連携学部の設置を構想する坂村健氏が対談。ITの世界に求められるスキルや、「連携」の重要性などについて語り合った。

 

村上憲郎
前グーグル日本法人名誉会長
京都大学工学部卒業後、日立電子入社。その後、日本DEC、同社米国本社勤務、米インフォミックス副社長兼日本法人社長、ノーザンテレコムジャパン社長、ドーセントジャパン社長など歴任。その中でミニコンやAIの開発、営業、マネジメントに携わる。2003年グーグル米国本社副社長兼日本法人代表取締役社長。2009~10年まで名誉会長を務める

坂村 村上さんは、どういった経緯でIT業界に進まれたのですか。

村上 大学の頃に見た映画『2001年宇宙の旅』に登場する人工知能型コンピュータ「HAL9000」に触発されて、独学でプログラミング言語を少しかじっていました。大学でプログラミングを学んでいたわけではないのですが、それが縁で日立電子に入社して、ミニコンピュータ「HITAC10」を使って、いまで言うシステムエンジニアのような仕事をしていたのです。まだ、コンピュータに手触り感があった時代でした。コンピュータ上で行う計算を高速化するためのアルゴリズムや、外部のアナログな機器を動作させる機械語をアセンブリ言語で書いたりもしていましたね。

坂村 機械語プログラムを人間が理解しやすいように記述するアセンブリ言語を扱えるのは、いまではハードウエアに近い領域の人に限られます。村上さんは、プログラミングを学生時代の独学やキャリアの初期段階で学んだことが、その後の大きな力になったのではないでしょうか。こうしたコンピュータの基本原理に近い部分を理解していれば、イノベーションにつながる新しい発想が生まれやすくなると考えています。本当はもっと早い年齢から学ぶのが望ましいのですが、大学においてもきちんとプログラミングを教えるべきです。

村上 ICT教育というと、タブレット端末を配ってICTを活用しようという教育が検討されていますが、私も、基本となるコンピュータプログラミングそのものを教えることが大切だと思います。

坂村 その後は、どうされたのですか。

村上 日立電子がミニコンから撤退することになり、ミニコンで世界トップクラスだったデジタルイクイップメント社(DEC)に移りました。米国の会社なのですが、当時の私は英会話講座のカセットを聞いても、中学1年生レベルさえ聞き取れないほど、英語はまったくできませんでした。それで、勉強法を試行錯誤して、まずスピードの速い英語を聞いて耳を鍛えてから、本来のレベルのレッスンに戻るというやり方で、1日3時間、3年間にわたって毎日勉強しました。その時の教訓を踏まえて、世界で活躍したいなら、英語「を」勉強するだけではなく、早いうちから英語「で」学べる環境をつくるべきだと訴えています。

東洋大学 情報連携学部等設置推進委員会 委員長
坂村健
専攻はコンピュータ・アーキテクチャー(電脳建築学)。1984年からTRONプロジェクトのリーダーとして、まったく新しい概念によるコンピュータ体系を構築し世界の注目を集める。現在、TRONはユビキタスコンピューティング環境を実現する世界で最も使われている組み込みOSとなっている

坂村 国内市場が縮小する日本は、国外に出ることがどんどん重要になるでしょう。東洋大学に2017年に新設予定の情報連携学部では、1年次にコミュニケーションのツールとして、プログラミングとともに英語力を徹底して鍛えたいと考えています。学部内には、情報連携エンジニアリング、情報連携デザイン、情報連携ビジネス、情報連携シビルシステムの4コースを設け、2年次で専門分野を学び、3年次以降は、他分野の人とコミュニケーションをとって「連携」を経験してもらいます。

村上 コース設計を見ると、ビジネスコースは会計学・経営学と、データサイエンスの文理両面を学べるようになっていますね。私も、理系学生こそが、社会の基礎をしっかり学ぶべきだと考えています。シビルシステムも、これからの時代に必要なスマート・コミュニティの実現につながるでしょう。いまのIT産業は、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AI(人工知能)の3つがキーワードです。インターネットで生まれたビッグデータを分散処理して解析を高速化する技術に加え、これまでデータ解析で使われてこなかった非構造データの解析はAIによって発展しました。そして、これから本格的に始まろうとしているIoTは、さらに大量のビッグデータを生み出す……という具合にITの技術は互いに連携しあっています。新学部の名称を単なる「情報」ではなく、「情報連携」としたところは、さすがだと思います。

次ページ本質を理解して他分野と連携することが欠かせない
TOPICS
お問い合わせ
東洋大学
https://www.toyo.ac.jp/