ホットプレート市場に新星、鍋調理もできるおトク感で人気


 タイガー魔法瓶と象印マホービンが不動のツートップを占める難攻不落の市場--。家電メーカーにそう見なされていたホットプレート市場で、久々にヒット商品が登場した。パナソニックが6月に発売した「IHホットプレート」だ。店頭実勢価格は2万~3万円台と、競合他社品より1万円以上高い。にもかかわらず、8月末時点の販売台数は4万台と社内計画の4倍に達する売れ行きという。

従来機種の多くが採用するシーズヒーター方式でなく、IHヒーター方式を採用。プレート裏面には満遍なく発熱体が圧入されており、高温を広範囲で保てる。これにより温度ムラをなくし、焼き上がりをほぼ均一にした。そのデザインもユニークだ。長方形のIHヒーターの上にプレートを置く構造で、プレートを外せばIH調理器になる。対応の鍋を使えば鍋物や揚げ物もできる。ホットプレートといえば年数回のホームパーティ以外は棚にしまい込んでいる家庭も多いが、日常の調理にも活用できるという「おトク感」で消費不況下の主婦層を引きつけた。

パナソニックがホットプレートの新機種を発売するのは15年ぶり。2強メーカーの牙城で、差別化が難しい分野だったという。ホットプレートもIH調理器も成熟市場だが、「取り合わせの妙」で人気を博している。

(杉本りうこ =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。