腹八分の資本主義 日本の未来はここにある! 篠原匡著

腹八分の資本主義 日本の未来はここにある! 篠原匡著

先行きを悲観しているだけでは何も変わらない。目を凝らせば、日本の中にも希望の芽はある。

出生率を劇的に向上させた長野県下條村、「あるもの探し」で活気を取り戻した宮崎県児湯郡、林業が栄え水源を守る長野県根羽村、「企業」によって農村が再び輝いた岩手県住田町・北海道赤平市・千葉県富里市、社員と地域の幸せを追求する寒天のトップ企業、そしてスウェーデンの高収益障害者企業。

それらの地域に共通しているのは、社会を蝕む「強欲」を退け、おカネには代えられない価値を守り続けていることだ。

Web記者が、画期的な取り組みを続ける地域を訪ね、どのような社会を目指すべきか、手がかりを探る。

新潮新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。