「大きな過ち犯した」シャラポワが禁止薬物

3月12日付で暫定的な出場停止処分に

 3月7日、女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワはロサンゼルスで記者会見を開き、1月の全豪オープンでの薬物検査で陽性反応を示していたことを明かした(2016年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(28、ロシア)は7日、ロサンゼルスで記者会見を開き、1月の全豪オープンでの薬物検査で陽性反応を示していたことを明かした。国際テニス連盟(ITF)によると、3月12日付で暫定的な出場停止処分を科すという。

シャラポワは体調不良になることが増えた10年前から、メルドニウムという薬物を使用していたという。メルドニウムは今年から世界反ドーピング機関(WADA)により禁止薬物に指定されていた。

シャラポワは「大きな過ちを犯した。ファン、そしてテニス界を失望させてしまった」とし、「すべての責任は私にある」とコメント。「処分を受ける覚悟はあるし、このような形で現役生活を終えたくない。再びプレーするチャンスをもらえることを願っている」と述べた。

ITFが最終判断を下すまで、WADAはこの件に関するコメントは控えるという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。