キリンとサントリー、強者連合の描く野望

キリンとサントリー、強者連合の描く野望

統合交渉が明らかになった食品業界におけるビッグネーム、キリン、サントリー。発端となるトップ同士の話し合いがあったのは1年半前。目下、年内合意を目指して交渉を続けており、これが実現すれば売上高で4兆円に迫る国内最大級の食品メーカーが誕生する。

不況下の救済合併でも、過剰設備から赤字を垂れ流す弱者同士の寄り合いでもない。業界における「勝ち組」と称される企業の統合構想は近年でもかなりまれなケースだ。

国内市場の縮小が続く中、ビールを含めた食品業界の再編統合は時間の問題ともいわれてきた。たとえ勝ち組であっても次の一手を打つのは、「これまでの延長線上ではやっていけないという象徴的な出来事」(みずほ証券の佐治広アナリスト)だといえる。

キリンホールディングス首脳は「成長のために何ができるか。協議は初期の段階だ」と慎重だが、「決断が早くアグレッシブ」とも評されるサントリーホールディングスの佐治信忠社長は「キリンはピッタリな相手。うまくいけば年明けにでも会見をしたい」と鼻息が荒い。

理想的な補完関係

サントリーにとって新たな創業となる--。佐治社長は14日、社員にメールでメッセージを送った。確かに今回の統合は、熾烈な競争が続くビール市場のシェアアップをはるかに超える意味がある。

今年、創業110周年を迎えたサントリーは「グローバル総合酒類食品企業」を目指して、持ち株会社制にグループの形態を変えたばかりだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。