リオ五輪、地下鉄工事が間に合わない可能性

バスによる代替輸送の検討も

ブラジルのリオデジャネイロで8月に開幕する夏季五輪に向けて、五輪公園と市内を結ぶ地下鉄の延伸工事が大会までに間に合わなくなる可能性が出てきた。リオデジャネイロで2015年5月撮影(2016年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 22日 ロイター] - ブラジルのリオデジャネイロで8月に開幕する夏季五輪に向けて、五輪公園と市内を結ぶ地下鉄の延伸工事が大会までに間に合わなくなる可能性が出てきた。2人の政府関係者が22日、ロイターに述べた。

この交通手段は観戦客が観光スポットから競泳、バスケットボールやテニスなどが行われる試合会場に行き来するのに必要なもので、リオが南米初の五輪を招致する上で重要公約のひとつとなっていた。

政府関係者は遅れている開発銀行の貸付金が支払われなかった場合、工事が間に合わなくなる危険性を示唆。しかし「状況を好転させる時間はある」とも語った。

ブラジルの地元紙は20日、リオ市長が五輪組織委員会に対して、地下鉄工事が大会までに間に合わない可能性が高いと伝えた電子メールの内容を報道した。しかし州政府は工事の遅れを否定。計画の90パーセントは既に完了し、トンネルにわずか200メートルの工区を残すのみだと強調していた。

リオ政府関係者はロイターに対し、専用レーンでバスを運行する方法が代替案として検討されていると明かした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。