米国で宇宙の「重力波」を初めて観測

アインシュタインが100年前に予言

2月11日、アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが発表した。写真は記者会見するLIGOの責任者(2016年 ロイター/GARY CAMERON)

[ワシントン/ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 11日 ロイター] - アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが11日発表した。

重力波は重力が空間や時間を波のように揺らして伝わる現象。研究チームによると、地球から13億光年離れた、太陽の29倍と36倍の重さの2つのブラックホールがぶつかる際に発した重力波を初めて観測したという。

研究チームは昨年9月14日に初めて重力波を検知。米ルイジアナ州とワシントン州にある観測施設「LIGO」の重力波望遠鏡が用いられた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。