米国で宇宙の「重力波」を初めて観測

アインシュタインが100年前に予言

2月11日、アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが発表した。写真は記者会見するLIGOの責任者(2016年 ロイター/GARY CAMERON)

[ワシントン/ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 11日 ロイター] - アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが11日発表した。

重力波は重力が空間や時間を波のように揺らして伝わる現象。研究チームによると、地球から13億光年離れた、太陽の29倍と36倍の重さの2つのブラックホールがぶつかる際に発した重力波を初めて観測したという。

研究チームは昨年9月14日に初めて重力波を検知。米ルイジアナ州とワシントン州にある観測施設「LIGO」の重力波望遠鏡が用いられた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。