シャープと鴻海、8時間交渉でも埋まらない溝

協議を終えたテリー・ゴウ氏を直撃

シャープとの交渉を終え、報道陣に内容を説明したテリー・ゴウ董事長(撮影:ヒラオカスタジオ)
2月5日、シャープの買収交渉を進めるため、鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長が緊急来日。大阪のシャープ本社で高橋興三社長など取締役との協議が行われた。5日中にも正式契約を結ぶという観測から、シャープ本社には大勢の報道陣が詰めかけ、交渉の経過に多くの注目が集まった。
8時間以上に及ぶ交渉の結果、鴻海によるシャープへの出資交渉は概ねまとまったかと思われた。しかし、鴻海側が出資に関し優先交渉権を得たと主張する一方、シャープはそのような事実はないと否定。交渉直後にも関わらず、両社が出したメッセージは真っ向から対立するものだった。
一体、交渉では何が話されたのか。ゴー董事長が本社前で答えた。主な質疑応答は以下の通りだ。

「優先交渉権をもらった、感謝している」

本当は今日、正式契約を結ぶはずだったが、契約を結ぶにあたり、多くの法的プロセスを踏む必要があるため、8時間では終わらなかった。しかし、今日は高橋社長をはじめ、取締役会のみなさんから優先交渉権をもらったことには感謝している。本日、優先交渉できる権利に関し、サインをした。今日サインした中身には、最終的に2月29日に正式契約するという内容も入っている。

本当は今日、みなさまの前で最終契約のサインをしたかったが、高橋社長は昨日から報道されすぎているので、このままでは散歩にいくこともままならないという話なので、2月29日に正式に報告させてもらう。

――シャープ買収の狙いは?

シャープの魅力については、すでに堺(工場)で2~3年間の経験がある。その中で若い人たち、特にエンジニア、ワーカーがすばらしい。われわれも学ばなければならないと感じている。

液晶技術はかつて最先端だったが、この2~3年は韓国が優勢になっている。シャープとしては、それ以上に投資するのはしんどい状況だ。今回のデューデリ(ジェンス 資産査定)で、実はシャープの赤字の一番の原因はソーラーパネルだとわかった。赤字の75%がソーラーパネルによるもので、液晶パネルは赤字の元凶ではない。

次ページワールドワイドに展開したい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。