華人経済師のみた中国の実力 柯隆・朱炎・金堅敏著

華人経済師のみた中国の実力 柯隆・朱炎・金堅敏著

中国経済はウナギのようだといわれる。実態を把握しようとすると巧みにその追及を逃れる。日本で長く暮らしながら母国を研究している3人の中国人エコノミストが現時点の中国を活写してみせる。

鳴り物入りの外貨準備の運用会社CICは、金融危機発生後、米国の投資ファンドや金融機関に数件の投資で大きな損を被った後、国内投資に専念せざるをえなくなった。だが、海外買収コストは下がり、中国企業のM&Aは企業救済として歓迎されている。商業ベースの衛星打ち上げのグローバル市場においても、強い価格競争力を誇っており、途上国向けの衛星打ち上げにおいて有利な立場にある。

随所でネイティブならではの情報が心掛けられている。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。