35.5%--「へとへと」状態の20代看護職員《気になる数字》


 医療という昼夜を問わず求められる公共サービスを担う病院勤務の看護職員は全国で83万人。その勤務実態は総じて厳しい。

58万人の看護職が加入する日本看護協会が看護職個人を対象に2008年10月の勤務について実施した初の全国調査によると、8割の職員が3交代・2交代制などで何らかの夜勤を行っている。

業務の性格から夜勤交代勤務は不可欠ではあるが、拘束時間が長い2交代制の夜勤の場合、仮眠が「だいたい取れていた」職員は44%にすぎず、仮眠時間が設けられていないケースも少なくない。また、3交代勤務者の58%が勤務間隔6時間以下というシフトを経験。当直勤務者についても42%は当直明けが休日とならず、続けて勤務している。加えて、いわゆるサービス残業や持ち帰り仕事も多く見られる。

当然のことながら心身の疲れがたまる。時間外労働時間が多い20代について見ると、6割が「朝起きたとき、ぐったりした疲れを感じ」、35.5%が「へとへと」と答えている。「やる気が出ない」「ゆううつ」「いらいらする」もそれぞれ4割を超え、6人に1人は「物事に集中できない」状態であることを自覚している。
 
 看護の担い手の健康と生活の維持・向上、ひいては安全・良質な医療・看護サービスの確保に向け、事態改善への取り組みが急がれる。
(写真:今井康一)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。