松本清張を推理する 阿刀田高著

松本清張を推理する 阿刀田高著

今年生誕100年を迎えた作家・松本清張。同じく作家である著者がその小説作法の秘密に迫った。

著者はミステリーを、清張登場以前は探偵小説、清張以後が推理小説と分けている。探偵小説がプロットの巧妙さや探偵の超人的推理に主眼を置くものだとすれば、推理小説は犯罪の動機やその社会性、あるいは人間ドラマを重視したものだと説く。この画期的な転換を果たしたのが、清張をもって嚆矢とする。

「点と線」「ゼロの焦点」「砂の器」など、代表作を一つひとつ丁寧に例証しながら、作家が何にインスピレーションを得、どんな試行錯誤のもとに物語を構築しえるのかを、同業者ならではの苦悩も含めて解説している。

朝日新書 777円

Amazonを見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。