続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

メイド・イン・ジャパンのハイテク体重計。声で健康アドバイスをすると評判で、肥満の多いアメリカで売れている。あるご婦人が、「どんなことを言うのかしら」とドキドキしながら乗ると体重計はつぶやいた。「一人ずつ乗ってください」--。

75万部を突破した前書の続編。世界が日本をどのように見ているのか、「笑いながら」探ろうとする本だ。

日本人は主役ではないもののジョーク界で存在感を持つ「個性派俳優」。「ハイテク」「経済大国」など、ステレオタイプの見方は根強くあるが、良いイメージを持たれ、世界は概して「親日的」という。ネタになるのは「それだけ存在感のある証拠」と、最近沈みがちな日本人を元気づける。

中公新書ラクレ 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。