ネイティブ・アメリカン 先住民社会の現在 鎌田遵著

ネイティブ・アメリカン 先住民社会の現在 鎌田遵著

アメリカ先住民の人口は247万人(2000年国勢調査)で、全国民の0・9%。最も多いのはカリフォルニア州で33万人が住む。州人口比では1%だ。都市別ではニューヨークが最多で、4万人強が暮らす。

連邦政府が承認する先住民の部族数は562。居留地は320あるが、すべての部族がこれらの居留地に住んでいるわけではない。その多くは居留地や都市部の「辺境」に居住し、黒人やヒスパニックよりさらに高い割合で貧困層に属している。アルコール依存症の割合は全米平均の5倍という。

先住民社会と接して17年の、少壮のアメリカ研究者が先住民の歴史、文化、社会を多角的に考える。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。