「セサミストリート」が生まれ変わっていた

財政難で公共放送から有料ケーブル局へ

セサミストリートのキャラクター、クッキーモンスターとエルモ、アビーカダビー(写真:Dolly Faibyshev/The New York Times)

ビッグバードの巣は木に移動し、エルモは雰囲気のあるブラウンストーンの建物に引っ越した。エルモの親友アビーカダビーは、新しいコミュニティガーデンを気に入っている。オスカーは相変わらずゴミの缶から顔を出しているが、そこはリサイクルのための地下トンネルとつながっている。

新しい「セサミストリート」へようこそ。今シーズンのセサミのスローガンは、「CHANGE(変化)」だ。

新たに有料ケーブルで放送が開始

米公共放送PBSでの45年にわたる放送を経て、ビッグバードやエルモ、セサミストリートの仲間たちが集まるセットは生まれ変わり、新たに有料ケーブルテレビ局HBOでの放送が1月17日から始まった。

「あらゆるものが変わった」と、ターコイズブルーでハグが大好きなバイリンガルのモンスター、ロジータの操り人形師を26年勤めているカルメン・オズバーは言う。

オズバーが取材に応じてくれたのは、バレンタインデーのエピソードの収録の合間だった。セットは赤とピンクに彩られ、ニューヨークのウィリアムズバーグにあるような洒落た店に改装されたフーパーズストアの一角には、赤いお菓子でデコレーションされたハート形のクッキーもある。

「今風になった」と、オズバーは付け加えた。「セサミストリートが誕生したときは、ニューヨークのブロンクスみたいな雰囲気だった。それが今、オスカーがリサイクル用の缶にいる。驚きだ」

次ページ子どもは受け入れてくれるか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。