麻生川 静男(あそがわ しずお)
リベラルアーツ研究家、博士(工学)

1955年、大阪府生まれ。京都大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修了、徳島大学工学研究科後期博士課程修了。1977年、京都大学大学院在学中、サンケイスカラシップ奨学生としてドイツ・ミュンヘン工科大学に留学。留学中のカルチャーショック経験からライフワークとしてリベラルアーツに邁進することをひそかに決意。1980年、住友重機械工業入社。在職中、アメリカ・カーネギーメロン大学工学研究科に留学。同大学工学研究科修了。帰国後、ソフトウェア開発に従事したあと、社内ベンチャーを起こし、データマイニング事業を成功させる。2000年に独立し、数社のITベンチャーの顧問を兼任。その後、カーネギーメロン大学日本校ではプログラムディレクター兼教授、京都大学産官学連携本部の准教授などを歴任。京都大学在任中は日英の両言語でリベラルアーツの授業を行なった。現在は、リベラルアーツ研究家として、日英の両言語でリベラルアーツやグローバルリテラシーに関する講演や企業研修を行なう。また、2010年に「リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を設立し、運営している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。