藤森 照信(ふじもり てるのぶ) Terunobu Fujimori
建築史家・建築家、江戸東京博物館館長、東京大学名誉教授

1946年長野県生まれ。近代建築などをたずね歩く東京建築探偵団や、路上観察学会の活動でも知られる。 『建築探偵の冒険・東京篇』でサントリー学芸賞、『明治の東京計画』および『日本の近代建築』で日本建築学会賞(論文)、 建築作品「熊本県立大学学生寮」で日本建築学会賞(作品)を受賞。著書に『探検! 東京国立博物館』 『藤森先生茶室指南』(ともに共著)など多数。近著に『近代日本の洋風建築 開化篇』『近代日本の洋風建築 栄華篇』がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。