栄 和人(さかえ かずひと)
日本レスリング協会強化委員長(監督)/至学館大学レスリング部監督

レスリング選手として現役時代に全日本選手権は6度優勝、世界選手権は出場した5大会すべてで5位以内に入賞。
指導者として中京女子大学(現至学館大、至学館高校)において、吉田沙保里、伊調馨などを育てた実績が評価され、日本代表監督も兼務。以後、オリンピックと世界選手権で多数のメダリストを育てている。
2016年のリオオリンピックでは、女子レスリング日本代表の全6選手が至学館大学レスリング部出身という快挙を達成し、オリンピックでも4つの金メダル(登坂絵莉、伊調馨、川井梨紗子、土性沙羅)、1つの銀メダル(吉田沙保里)を獲得した。
著書に『"最強"の結果を生み出す「負けない心」の作り方』(KADOKAWA)がある。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。