山本 晶(やまもと ひかる)
慶應義塾大学ビジネス・スクール 准教授

 やまもと ひかる 慶應義塾大学ビジネス・スクール准教授。東京都出身。11歳から15歳まで米国ニューヨークで過ごす。
外資系広告代理店勤務を経て、2001年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。2004年同大学院博士課程修了。博士(経済学)。成蹊大学経済学部准教授を経て、2014年4月より現職。専門はマーケティングで、主に対人影響の研究に従事。日本マーケティング・サイエンス学会、日本消費者行動研究学会(幹事)、日本商業学会、INFORMS、AAAI、AMAの各会員。著書に『コア・テキスト マーケティング』(新世社)、「Webマーケティング」『人工知能学会誌』、『知覚認知率がクチコミ受信意向と購買に与える影響(共著)』などがある。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。