レジス・アルノー Regis Arnaud
フランス・ジャポン・エコー編集長、仏フィガロ東京特派員

ジャーナリスト。フランスの日刊紙「ル・フィガロ」、週刊経済誌「シャランジュ」の東京特派員、日仏語ビジネス誌「フランス・ジャポン・エコ―」の編集長を務めるほか、阿波おどりパリのプロデュースも手掛ける。小説『Tokyo c’est fini』(1996年)の著者。2017年には初の映画監督作品の撮影が始まる。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。