アクセンチュア

ゲームチェンジの時代。“面白い”人が生き抜く

テクノロジーの伸長で様変わりする
ビジネスの世界で生き残る人材とは?

ビジネスを取り巻く環境が大きく変わろうとしている。テクノロジーの伸長によりこれまで以上に膨大且つ多様なデータを分析することが可能となり、データから得られた示唆をビジネスへ活用する動きは加速している。今後のビジネスはどのように変化していくのか。またそうした激動の時代に活躍できる人材に求められる素養とは。システムにまつわるあらゆるサービスの提供を行うアクセンチュア最大の組織、テクノロジー コンサルティング本部で統括本部長を務める土居高廣氏に話を聞いた。

システム処理能力の大幅な向上により
ビジネスの「ゲームチェンジ」が進行する

土居 高廣/アクセンチュア株式会社 執行役員
テクノロジー コンサルティング本部 統括本部長
IT戦略の立案からソリューションの提案、保守・運用のスキーム設計に至るまで、システムが安定稼働を迎えるまでのあらゆる側面において現場における陣頭指揮を執る。

—今日のビジネスにおけるトレンドをどのように分析されていますか?

アクセンチュアでは2013年から「全てのビジネスがデジタルに移行し、“破壊的”なまでの変化が進行する」と今世紀のパラダイムシフトの幕開けを説き、各業界のキープレーヤーであるお客さま企業の変革をリードしています。あらゆるビジネスがデジタル・テクノロジーをベースに成り立っていく。あるいはこれらを活用してビジネス展開していくことが必然になっていく。こうした背景にあるのは、言うまでもなくシステムの処理能力の大幅な向上です。システムの処理能力が上がったことで、これまで集められなかったさまざまなデータを解析して事業に活用できるようになった。例えば小売りでは店舗に設置されたカメラのデータから、お客さまがどのように店内を滞留したか、行動を数値化できるようになりました。また近年ではIoTが注目を集めていますが、センサー技術の向上はこれまで以上に膨大且つ多様なデータを収集することを可能にしました。今後はこうしたビッグデータをどのように活用していくかがビジネスの競争優位の源泉になりうる。テクノロジーが変わったことで、ビジネスもそれを活用した新しい局面へと加速度的に向かい始めています。

—ビジネスにおける「ゲームチェンジ」がコンサルティング業界に与える影響は?

IT業界のコンサルティングはお客さまの変革を支援するビジネス。そして変わらなければならないのは私たちも同様です。以前のITコンサルが行っていたのは企業の経営や業務の最適化、例えばもの作りのリードタイムを短縮したり、システムの運用コストを下げる、あるいはオートメーション化を推し進めるといったものが主流でした。しかし現在ではお客さまの求めるものが売上を伸ばすことや新しいビジネスを創出することへと変化してきている。私たちもそこにどうお役立ちできるかを考えていかなければいけません。

競争のスピードは激しさを増し、従前には存在しなかった新たなビジネスモデルが展開されている。そうした環境下でお客さまのビジネスを先導していくには、企画をして計画してからものを作って展開するという従来では別個に分かれていたフェーズを、同時並行で行っていく必要があります。考えながら走るようにPDCAサイクルを回し続けることがコンサルファームには求められていく。幸いなことにアクセンチュアは総合コンサルファームとして戦略を練る部隊からビジネスコンサルティング、ITコンサルティング、ソリューション開発、そして各種業務の運用を担う部門まで一気通貫でそろう、世界最大規模の組織を構築してきました。今後は、部門や国境を越えた有機連携のさらなる強化により、時代を先取るスピード感をもって価値を生み出していくことが一層求められていくことでしょう。

次ページ未来を見据えるアクセンチュアが進める「3つの改革」とは?
資料請求
お問い合わせ
アクセンチュア株式会社
アクセンチュア株式会社
 http://www.accenture.com/jp/careers