フジテレビジョン

フジテレビがマンガ市場に参入する理由。

目指すは「コンビニ」?! FODの謎

 フジテレビの手掛ける配信サービス「FOD」が好調だ。月間の利用者は今年の9月時点でおよそ200万人、売上も黒字化を達成した。通常の動画配信サービスに加え、コミックや電子書籍の取り扱いも充実。オリジナルコンテンツの制作にも意欲的なFOD。その魅力はどのようなところにあるか、オリジナルコンテンツ『でんぱ組.inc 成瀬瑛美がアゲアゲでマンガを紹介する番組』の収録にお邪魔して話を聞いた。
楽屋にて、でんぱ組.incの成瀬さん(写真中央)、フジテレビジョン三木さん(左)、枝根さん(右)


—まずは『でんぱ組.inc 成瀬瑛美がアゲアゲでマンガを紹介する番組』についてご紹介をお願いします。

成瀬 この番組は私、成瀬瑛美とアメリカザリガニの柳原哲也さんがMCとなってマンガの良さを紹介して、視聴者の皆さんに明るく楽しい気持ちになってもらおうという番組です。番組の中ではマンガを電子書籍で読む楽しさについてもお伝えしています。

枝根 毎回ひとつのテーマがあり、そのテーマに沿ってゲストのタレントさんや芸人さんが思い入れのある作品を紹介していきます。動画を使うことでコミックや電子書籍の魅力を伝えたいと思い、今年の5月から番組が始まりました。

三木 番組ではマンガ好きの皆さんが毎回熱くテーマについて語り合っているので、普段はあまりマンガを読まない人でもこの番組を見れば、興味のある作品がきっと見つかると思います。

第15回、第16回のゲストは中川翔子さん 番組サイト

—『でんぱ組.inc 成瀬瑛美がアゲアゲでマンガを紹介する番組』はFODオリジナルコンテンツですが、テレビとの違いは感じますか?

成瀬 ネットの方が気持ち的にも自由で収録中もよく羽目を外しています(笑)。冠番組ということもあって自分らしさが普段以上に出せるので、いつものびのびと楽しくやっています。

枝根 地上波よりも制約が少なくて自由。番組の尺を気にする必要がないので制作者にとっても自由に作ることができる魅力があります。

三木 (ネットコンテンツだと)出演者の方々はテレビ以上に個性を発揮することができるので、ご覧いただく側も、出演者の普段とは違った新たな一面を知ることができるのかなと思います。

成瀬 ファンの方からこの番組をきっかけにマンガが好きになったという声も頂いていて、本当に伝わっているんだなって幸せな気持ちになります。FODならいつでも観たいときにアクセスすることができる、いつも自分の日常に沿ってくれているのが嬉しいですね。

次ページなぜ動画配信サービスなのに「マンガ」が読めるのか
お問い合わせ