住之江うどん抗争勃発! グルメ杵屋のおひざ元にライバルの「丸亀製麺」が出店

住之江うどん抗争勃発! グルメ杵屋のおひざ元にライバルの「丸亀製麺」が出店

大阪市住之江区北加賀屋。6月29日、東証1部上場のトリドールが運営する、低価格のセルフ式うどん店「丸亀製麺」(住之江店)がオープンした。丸亀製麺としては589店目となる。

トリドールは前2012年3月期に113店の丸亀製麺を新設。今13年3月期も115店の開業を計画する。住之江店はトリドールにとっては、出店計画にのっとった淡々としたオープンに過ぎない。

しかし、グルメ杵屋にとっては、あたかものど元に匕首を突き付けられたも同然だ。というのも、今回オープンした丸亀製麺の店舗は、グルメ杵屋の本社から200メートルと離れておらず、あまつさえグルメ杵屋本社の隣には、いま同社がもっとも力を入れているセルフタイプの讃岐うどん「麦まる」がある。この店舗は実験店舗でもあり、ここで新作メニューなどを試し、全店へ水平展開していく場でもある。



より大きな地図で 杵屋 VS 丸亀 を表示

グルメ杵屋は、主力の実演手打ちうどん「杵屋」を軸にうどん業態の「めん坊」「穂の香」「みのり」「麦まる」を、そば業態は、信州そば処「そじ坊」をはじめ「そば野」「おらがそば」「結月庵」などを展開。そのほかにも洋食、和食、アジア料理とブランドを広げてきた。

だが、複数ブランドの展開で兵站が伸びきり、不振店が増えたため、現在は逆に広げすぎた業種・業態を絞り込み、再構築を行っている真っ最中。その中でも「麦まる」は、まだ26店しかないが、これから次代を担う業態と位置づけている。
 
 それが、本社のおひざ元で丸亀製麺の後塵を拝してしまえば、今後の展開に大きく影響することは必至。グルメ杵屋の危機感は並大抵ではないはずだろう。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。