外国人投資家が買った会社、売った会社--外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期1~3月)で新たに増加ランキング入りしたのは14社(うち3月決算の会社は11社)。4位クロニクル[9822]はウェブ情報事業を主力とする会社。業績の低迷が続き、継続疑義の注記を出している。昨年末に資金調達のため、バージン諸島に籍を置くファンドRed Drum Invest Limitedおよびリヒテンシュタインに籍を置くJapan Opportunity Fundに対し、第三者割当による新株予約権の発行を行っている。

一方、減少ポイント上位20社での新登場は14社(うち3月決算の会社は12社)。2位旭テック[5606]は静岡県菊川市に本社を置く乗用車・商用車向け鋳造部品メーカー。ユニゾン・キャピタル・グループ傘下のATCホールディングス(『会社四季報』の株主欄には「ATCホールディングス1号」「2号」として登場)が公開買い付けを実施、議決権の96%弱を取得。6月27日の臨時株主総会で残りの株式の買い取り決議を行う予定。

【調査の説明】
東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原和樹 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。