アップル税優遇、EU判断は12月25日以降

アイルランド財務相

 11月11日、アイルランドのヌーナン財務相は、同国政府が米アップルと結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。写真はアップルのロゴ、2日撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ダブリン 11日 ロイター] - アイルランドのヌーナン財務相は11日、同国政府が米アップル<AAPL.O>と結んだ税をめぐる取り決めについて、欧州連合(EU)が判断を示すのは12月25日以降になる可能性があるとの見解を明らかにした。

ヌーナン財務相は9日、アップルに対する優遇税制が不公正な政府補助金に相当するかどうか、EUはクリスマス前に結論を下すとの見通しを示した。しかし10日には、おそらくクリスマス後になるとの情報を入手したと明らかにした。

またブルートン雇用・企業・技術革新相はツイッターで、アップルがアイルランド第2の都市コークで新たに1000人の新規雇用を計画していると明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。