トルコ・ダウトオール首相「新憲法で協力を」

総選挙圧勝受け各党に呼び掛け

 11月2日、トルコのダウトオール首相(写真)は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。2日撮影(2015年 ロイター/Umit Bektas)

[アンカラ 2日 ロイター] - トルコのダウトオール首相は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。

首相は党本部で数千人の支持者を前に演説し、「議席を獲得する全ての政党に対し、新たな憲法を制定するよう呼び掛ける。紛争や対立、分裂がなく、誰もが平和のうちにお互いに敬意を表すトルコに向けて協力しよう」と述べた。

一方、シムシェク財務相は今回の選挙結果を受け、改革機運が盛り上がると指摘。ロイターに対し、「政治的な不透明感が後退し、トルコは改革を実行する大きな機会を得た」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。