ホットスポット NHK ETV特集取材班著

ホットスポット NHK ETV特集取材班著

未曽有の事故によって原子力発電のあり方が問い直されているが、同時にマスメディアにとっては報道のあり方に重い課題が突き付けられた。

どこに、どんな放射性物質がまき散らされたのか。なぜ政府は放射能汚染の実態を住民に伝えなかったのか。これに対し、なぜNHKの取材班には詳細な測定ができ、放射能汚染地図を早々に作ることができたのか。番組制作メンバーが、これらの疑問に答える。

本書は、取材現場とNHK上層部とのやり取りを描くことで、テレビドキュメンタリーの舞台裏を明かすとともに、原発に批判的な報道をタブー視した「3・11以前」と同様の思考停止がまだ継続されていった現実を白日の下にさらす。

取材班は、本書に未収録の第4作番組「海のホットスポットを追う」に続く第5作、第6作も準備中という。まず事実の把握から物事は始まる。さらなるジャーナリストとしての奮起に期待したい。

講談社 1680円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。