「通貨」から世界経済を読み解く方法 水野隆徳著

「通貨」から世界経済を読み解く方法 水野隆徳著

ギリシャの財政危機を発端に欧州経済が大揺れとなり、日本も1ドル=75円の壁に迫る超円高という世界的な「通貨戦争」に引き入れられている。実態は通貨価値を相対的に安くして国際競争力を優位にしようという「通貨切り下げ戦争」だ。

世界経済を動かす「通貨」の正体とはいったい何なのか。「通貨戦争」の行き着く先はどうなるのか。ビジネスパーソンが知らないでは済まされない通貨や為替について、国際エコノミストの著者が基本の基本から未来予測までわかりやすく解説する。

円高・ドル安の次には何が起こるのか。過去40年の円高局面ははたして終わるのか。日本経済の未来とともに大胆に予測する。

KAWADE夢新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。