孫文 その指導者の資質 舛添要一著

孫文 その指導者の資質 舛添要一著

今から100年前の1911年、辛亥革命を成功させ、秦の始皇帝以来2000年以上も続いてきた専制君主制にピリオドを打ち、共和制を確立した中国の英雄・孫文。どんな人物だったのか、政治指導者としていかに優れていたのかに、孫文と交流があった日本人の証言など交えながら、迫っていく。

参議院議員で国際政治学者である著者は、孫文を決してめげない“失敗の英雄”と呼ぶ。辛亥革命を成し遂げるまでに、何度も革命に挫折。その数や10回以上である。しかし、孫文はつねに楽天的で前向き思考であり、絶対にあきらめることがなかったという。

孫文の姿を通して、いま求められるリーダー像をも探っている。

角川ONEテーマ21 760円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。