暮らし視点の経済学 山家悠紀夫著

暮らし視点の経済学 山家悠紀夫著

徹底的に需要サイドから分析・政策提言した日本経済論であり、おのずと「新成長戦略」に対する批判の書となっている。政策批判は「暮らしが厳しくなったのも、国内需要の不振が長引いているのも、『構造改革』政策の悪しきツケである」とまでさかのぼる。

実際、日本は先進国の中で際立った形で、「賃金が上がらない(むしろ下がっている)から消費が増えない、消費が増えないから国内需要が不振に陥る」という景況が続いている。

著者は、需要サイドが主たる原因で景気が悪くなり、貧しい人が量産されたのだから、政策は供給サイドではなく、需要サイドに目を向けるべきだと説く。

では、賃金が上昇に反転するような経済構造に戻すにはどうすべきか。「週40時間労働で暮らせる社会」、「(北欧でなく)西欧並みの水準」の社会保障、「負担能力に応じた増税」を通じた独仏並みの国民負担率など、少数派ながら検討に値する諸政策を提言する。

新日本出版社 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。