「63」を記録!全米プロで岩田寛選手が快挙

メジャー最少スコアタイを記録

 8月14日、男子ゴルフの岩田寛は、メジャー最終戦の全米プロ選手権第2ラウンドでメジャー大会での最少スコアタイとなる63を記録した(2015年 ロイター/Thomas J. Russo-USA TODAY Sports)

[コーラー(米ウィスコンシン州) 14日  ロイター] - 男子ゴルフの岩田寛(34)は14日、米ウィスコンシン州コーラーのウィスリングストレーツ・コース(パー72)で行われたメジャー最終戦の全米プロ選手権第2ラウンドでメジャー大会での最少スコアタイとなる63を記録した。

岩田は18番までに1イーグル、8バーディー、1ボギーとして9アンダーとし、メジャー記録がかかった18番ではティーショットを理想的な位置につけたがアプローチショットが短く、4打のパーに終わって記録更新は果たせなかった。通算4アンダーの140とし、暫定15位につけた。

メジャー大会で「63」はこれまで通算27回の記録があり、日本人では1980年の全英オープンで記録した青木功以来2人目の快挙。グレグ・ノーマン(オーストラリア)とビジェイ・シン(フィジー)はそれぞれ2回記録している。全米プロ選手権では2013年の同大会でジェーソン・ダフナー(米国)が記録して以来。

岩田はホールアウト後通訳を介して、コース入りした時にどんどんいいゴルフをしていけば日曜日には10位以内に入れるのではないかと考えたとコメント。29で回ったこの日のバックナインでは13番を終えた時点で「27で回れるのではないかと思った」と明かした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。