暴力団 溝口敦著

暴力団 溝口敦著

現代の暴力団、いわゆる“ヤクザ”の実態を、ノンフィクションライターが暴いた。暴力団の組織構造から、シノギ(収入源)、出世の仕方、恐喝の手口、若手のリクルート方法、芸能人との関係、暴力団に脅された際の対処法まで、多岐にわたって書かれている。組員に対するアンケート調査では、なぜ暴力団の組員になったのか、暴力団に入って得したこと・損したことなどの統計結果を紹介するなど、レアでリアルな情報も多い。

山口組系トップの組長が、出所して地元に帰る際、新幹線の一車両の座席指定をすべて買い取ったとか、入れ墨の針からの感染でヤクザにはC型肝炎が蔓延しているなど、まことしやかに伝えられるエピソードも収録している。

新潮新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。