「肉の切り方」は"焼き肉の常識"を変えるか

経営しているのは、あの老舗演芸ホール

肉ブームを背景に爆発的に伸びている肉料理の専門店も多いが、いっぽうで、ここ2〜3年でじわじわと口コミなどの評価を高めてきた店がある。
日本橋に本店を置く「肉の切り方」である。料理番組のタイトルではなく、店舗の名称だ。

店名は「焼き肉の味は切り方で決まる」のコンセプトを体現したもので、カット法に徹底的にこだわることで、肉の魅力を最大限に引き出すのが、「肉の切り方」の特徴である。

切り方で「肉のポテンシャル」が上がる

厚切りの肉には隠し包丁

「切り分け方によって肉のポテンシャルは大きく引き上がるんです」と語るのは、店長の坂井進さん。

「うちでは、カットの違いによるさまざまな食感を楽しんで頂きます。厚い方がおいしいものは、厚いままで隠し包丁を入れて、しっかりとした食べ応えを感じてもらいます。薄いほうがおいしい肉は、チルドの状態で、繊維を崩さないまま1ミリの薄切りにして、肉の味わいそのものを活かします」

人気メニューは焼き肉に前菜や副菜、ご飯類がセットになったコース料理だ。近江市場から仕入れた黒毛和種雌牛のサーロインなどさまざまな部位を、最適な切り方でカットした8〜10種類の肉を1切れずつ味わうことができる。肉の量にすると、1人前で180グラムだそうだ。特上ランクの「切り方 任せコース」は6480円とそれなりのお値段だが、「切り方 始めコース」(4630円)という比較的親しみやすい価格のものも用意されている。

次ページいろいろな肉を少しずつ楽しめる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。