全上場企業のうち、役員平均年齢が若い企業トップ20--日本を担う成長株はここから?

東洋経済が毎年7月、全上場企業を対象に行っている『役員四季報』調査によると、全上場企業3595社、4万0493名の役員の平均年齢は59.6歳で、前年と比べて0.3歳上昇した。また、2010年8月以降に就任した新任役員の平均年齢は56.8歳で、0.4歳低くなった。

全上場企業のうち、役員平均年齢の低い会社を見ると、1位はオンラインゲーム開発大手、サイバーステップの35.7歳だ。3位にはインターネット広告、ゲームや交流サイトの運営などを行うサイバーエージェントの38.0歳などインターネットビジネス関連が目立つ(「全上場企業のうち、役員平均年齢の低い企業トップ20」参照)。

株式市場別に見ると、役員平均年齢の低い会社の上位は東証マザーズ(表中のマザーズ)、ジャスダック(表中のJQ)など新興市場に上場している企業が大半を占めている。

東証1部上場企業に限ると、役員平均年齢が最も低いのは、レンタルサーバーなどウェブインフラ事業やネット広告を手がけるGMOインターネットの43.5歳だ。3位には携帯電話向けゲームや交流サイト主軸のディー・エヌ・エーが44.8歳、5位にも同業種のグリー45.0歳など、ここでもインターネットビジネス関連で成長を続ける企業が目立っている(「東証1部上場企業のうち、役員平均年齢の低い企業トップ20」参照)。

こうした若い企業のなかから、次世代のリーディングカンパニーとしてより大きく成長する企業が現れることが期待される。

(山本 亜由子 =『役員四季報2012年版』編集部)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。