女子W杯準決勝、日本はイングランドと対戦

もう1つの準決勝は米国とドイツ

 6月27日、サッカーの女子W杯カナダ大会、準々決勝、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。写真は勝利を喜ぶイングランドの選手たち(2015年 ロイター/Matt Kryger-USA TODAY Sports)

[バンクーバー 27日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日、準々決勝の試合を行い、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。

イングランドは前半14分までに2得点。同42分に失点したが逃げ切り、W杯では初の4強入りを果たした。

イングランドは7月1日の準決勝で、連覇を狙う日本代表「なでしこジャパン」と対戦する。

6月30日に行われるもう1つの準決勝では、米国とドイツが戦う。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。