タカタ、株主総会の直前に対応が二転三転

リコール問題で経営陣が"初"の会見へ

リコール問題収束が見えない中、第12回定時株主総会が開かれた

エアバックの異常破裂による死傷事故と、全世界に及ぶ大規模リコールから注目が集まっているタカタ。6月25日に開催された株主総会の出席数は約200人と過去最高、開催時間も2時間15分とこれまでで最も長かった。

冒頭、高田重久会長兼社長は一連のエアバッグ問題について謝罪し、「当局や自動車メーカーに全面的に協力して製品回収、再発防止と信頼回復に努めます」と決意を述べた。自動車メーカーのOBだという男性株主(66)は、「起こっていることを考えれば、比較的和やかな総会だった」という。

会見で高田会長は何を語るのか

今回、総会開催を前にタカタの対応は二転三転。総会は非公開の方針だったが、注目度が高いことも考慮してか、前日夜にメディア向けにライブ中継を行うとの連絡があった。

ところが翌日の開催直前に、タカタはライブ中継を中止を通告。中継が行われるはずだった会場に足を運ぶと、スクリーンが用意されて準備は整っており、設営スタッフが手持ちぶさたな様子だった。土壇場の取り止めについて、タカタ広報は、「会長が直接答える会見を本日夕方に開くため、総会の中継は中止した」と説明している。

次ページ「何人もの命を救ってきた会社」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。