【産業天気図・住宅/マンション】マンション活況続く。景気回復の安心感から戸建ても回復か

長谷工アーベストによると、2005年度の首都圏分譲マンションの供給戸数は8万4243戸で、7年連続8万戸超の高水準を達成した。初月販売率も82.6%と9年ぶりの80%台に乗せ、供給・販売ともに好調だった。
 さらに特筆すべきは一部エリアの価格上昇だ。東京・江東区豊洲では、03年に販売された東急不動産<8815.東証>の「プライヴブルー東京」の平均坪単価が178万円であったのに対し、隣接する地域に建つ名鉄不動産の「スターコート豊洲」は、05年12月から平均坪単価197万円で販売された。価格にして約11%の上昇だが、スターコート豊洲は初月販売率100%の好調な売れ行きを示しており、人気エリアでの地価底打ちが鮮明となっている。
 これまでマンションに押されて苦戦していた戸建て住宅も、建て替えなどが動意づいてきた。景気回復の安心感や金利先高懸念の駆け込みが背景にあるようだ。住宅生産団体連合会が大手ハウスメーカー17社から集計した結果によると、05年度第3四半期(10~12月)では、総受注戸数が6四半期ぶりに、総受注金額では4四半期ぶりに回復を見せた。
 実際に金利上昇となればマイナス影響がありうるが、金利上昇の持続が予想される状況になれば、むしろ駆け込み需要が盛り上がることにもなるだろう。
【藤尾明彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。