【産業天気図・スーパー/コンビニ】オーバーストアや少子高齢化など構造問題を抱える

小売り業界は2006年度も一進一退の状況が続きそうだ。
 景気回復のプラス要因があるものの、その効果が食品を中心としたスーパーやコンビニには、まだ波及していない。むしろ、オーバーストアや少子高齢化に伴う食品消費の逓減といった“構造問題”が解消されておらず、環境的な好転は見込みにくい状況にある。
 こうした点を背景に、企業間での業績格差は一段と拡大しそうだ。スーパーでは物流を始めとしたインフラ投資を終えたイオン<8267.東証>や、リストラ効果の出るイトーヨーカ堂(セブン&アイ・ホールディングス<3382.東証>傘下)、西友<8268.東証>などは業績回復が見込める。一方、地方の食品スーパーでは業績が低迷、それを契機に再編気運が高まる可能性もある。
 コンビニでは、セブン‐イレブン・ジャパン(セブン&アイ傘下)、ローソン<2651.東証>、ファミリーマート<8028.東証>の3強は出店拡大で順調だが、中堅以下は苦戦が続きそう。いずれも既存店売り上げは厳しく、業界全体に晴れ間が広がるには、時間が掛かる見通しだ。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。