近畿・中京版!マンションお得度ランキング

11年で「元がとれる」マンションはこの駅

(写真:almalta/PIXTA)

前回の「速報!首都圏マンション『お得度』ランキング」では、直近1年間に分譲された首都圏のマンションで、どの駅の物件が「お得だった」かのランキングを掲載したが、今回は「近畿圏、中京圏版」をお送りする。

「マンションPER」(Price Earnings Ratio)とは、「マンション一戸あたりの収益力」を測るために、東京カンテイが考案した独自指標。ひらたく言えば、「あるマンションを買ってそれを貸した場合、何年で元がとれるか」を数値で表したものだ。

たとえば「PER11倍」なら11年で元がとれることを意味する。PERの数値が小さければ小さいほど収益性がいい、というわけだ。マンションPERを定義すると、その駅で分譲されたマンション価格を「現在の評価額」、もし貸した場合に得られる月額の賃料を「現在の収益力」と考えて、「マンション価格が月額賃料の何年分に相当するか」を算出したものだ。

昨年の「西の横綱」は、なんと大阪駅!

今回は2014年5月から2015年4月までの約1年間に近畿・中京圏(中京は静岡を含む)で分譲された新築マンションをもとに、PERの小さい順にランキングしている。

今回の近畿圏1位は、なんと大阪駅でPER11.16倍。昨年大阪駅周辺で分譲マンションはわずか11年ちょっとで元がとれる物件だったことを意味する。これは、大阪駅の梅田周辺で大規模な再開発が行われ、大規模物件が売り出されたためだ。大阪の中心であるにもかかわらず、首都圏の中心部のそれに比べると、価格面でもかなり魅力的だったことがわかる。

2位以下で上位に来ている駅を見るとわかるが、関西は人気の地区と賃料の高さがそのまま直結するケースが多いようだ。「住みよい場所=投資するにも適している」という等式が成り立つというわけだ。

一方、中京圏は、戸建て志向が強いこともあり、分譲マンションは相対的に少ないのが実情。住宅価格もトヨタ自動車の業績と連動するともいわれており、前年に比べるとジワリ上昇している。

首位は名古屋市営の東山線池下駅。PER18.34倍なので、もし現状の分譲価格と賃料を固定して考えると、18年ちょっとで元がとれる計算だ。目を引くのは2、5位に名鉄岐阜駅、JR東海道本線の岐阜駅が登場していること。これらは、駅から至近の距離にあるため、比較的高い賃料がとれ、収益性が高くなるためだ。

次ページ以下では、近畿圏の1~244位、中京圏の1~102位までのランキングを掲載する。住まいさがし、投資などの参考にしていただきたい。 

次ページ1~100位はこちら
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。