できる上司は「正しい優先順位」を知っている

ずるいけどできる、あの人と働きたい

(写真:Taka / PIXTA)

※前編:結局、愛されるのは“ずるい上司”だった!

"いいひと"上司は、雑務に追われる

部下はさっさと帰宅するのに、上司の自分は今日も帰れない……。こんな状況の方は多いのではないでしょうか?(しかも管理職は残業代がつかなかったりしますよね)。

上司の仕事がなかなか終わらない理由は2つあります。ひとつは、“部下の補助輪”として自分が仕事をしてしまう、ということ。

上司は自分のチームを成功させたいという気持ちがあります。そこで、うまく動けていない人がいたら、その部分をやってあげてしまっている上司も多いと思います。本当に「いいひと上司」なんですよね。

もうひとつ、プレイングマネジャーとして、プレイヤーとしての自分の仕事をしながら、マネジャーとしてチーム管理の仕事をしているということです。当然、物理的に負荷が高く、部下よりも時間をかけざるをえなくなります。

次ページ部下にまかせられない人たち
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。