スマホが「実況中継」を根底から変え始めた

ボルチモア暴動で迫真の報道

ボルチモアでは多くの市民が暴徒化した(写真:ロイター/アフロ)

4月の後半からアメリカを騒がせていたのは、ボルチモアでの暴動だ。

白人警官が黒人男性を逮捕する際に死亡させてしまった事件に対し、当初は平和的な「抗議」運動が展開されたが、次第に暴徒化し、武装した警官隊が出動して街中が荒れ果てる事態に発展した。

現地で起こっていることを伝えようと、テレビ局のヘリは飛び、カメラにビデオと機材をフル装備したジャーナリストたちが続々と現場に入った。警官隊と抗議者が向かい合うさまや、抗議者の叫びというセンセーショナルなシーンを伝えようと加熱する報道合戦に、あるジャーナリストは言った。「私達は去る。これはニュースじゃない。メディアの”サーカス”だ」。

暴動を報じた動画実況アプリ

そんな場において活躍したひとつのスマートフォンアプリがある。それが今年3月にTwitterが買収したばかりの「Periscope」だ。

これは、スマートフォンの動画撮影機能を使って、ボタンひとつで時間無制限の動画実況を行い、鑑賞しながらリアルタイムのコメントを送れるアプリである。日本で言うところの、先日、1000万ダウンロードを突破した「ツイキャス」に近い。これが今、報道のあり方を変えようとしいる。

次ページプッシュ通知が実現する真の”実況”
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。