台湾主要企業も東日本大震災後の影響を見極め--主要企業トップのコメント【震災関連速報】

電子、自動車産業など日本企業と密接な関係にある台湾企業。台湾の主要企業トップも、今回の東日本大震災による被害に全面的な支援を表明している。と同時に、今後の影響も慎重に見極めているようだ。

エバーグリーン・グループ(長栄集団)・張栄発会長

「各国政府と救援組織が物質を日本に運送する場合、エバーグリーン・グループができる限りの協力を行う。また、エバーグリーン・グループが直航便や停泊する港では運賃を無料にする。

中国鋼鉄(CSC)・鄒若斉会長

「復旧の範囲とスピードにもよるが、阪神大震災の経験から見ると、復旧の齊には条鋼、形鋼、めっき鋼線の需要が多くなるだろう。日本での生産量が減少するので、アジアの鉄鋼価格にはプラスに働くだろう。

パネルメーカーのAUO(友達)・李焜耀会長

「AUOの川上工程に使われる化学材料は日本から輸入しているため、AUOをはじめ台湾のパネル産業には影響が必ず及ぶ。また、どれほどの影響があるかもまだわからない。供給不足による価格高騰は覚悟している。グループ内のM.Setek(太陽光発電用単結晶シリコンウェハー製造)が福島にあるが、停水停電中と聞いている。

ファーイースト・グループ(遠東集団)・徐旭東会長

「震災後の復旧と物質運送という観点から見て、グループ内のばら積み貨物船輸送会社の裕民と亜泥(アジアセメント)にはプラスになるだろう」

南光化学製薬・王玉杯社長

「医療用品の需要が増えるだろう。わが社は点滴などの製品を日本に輸出しており、追加注文が来れば、すばやく日本に届ける」

台湾証券取引所・薛会長

「台湾の経済と資本市場に影響は必ずある。追加的な災害がなければ、世界資本市場への衝撃は短期間で収まるだろう。台湾株式市場においては、株価の下落は市場正常反応。あまり心配する必要はない」

(呉美慧、楊紹華、葉揚甲=台湾『今周刊』、福田恵介=東洋経済オンライン)
『今周刊』は台湾の有力経済誌、東洋経済と提携

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。