ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームはLSI生産の宮城工場が依然、操業停止状態【震災関連速報】

ロームは、東日本大震災の影響を受け、LSIを生産するOKIセミコンダクタ宮城(宮城県黒川郡大衡村)を含む2工場で、操業停止が続いている。

OKIセミコンダクタ宮城では、携帯電話やPC等向けLSIの、多品種少量生産を行っている。建屋および設備に被害はないものの、電気と水が復旧しておらず、生産ができない状態にある。ロームの京都本社工場とローム浜松(静岡県浜松市)での代替生産を決定した。「プロセスの移行を始めているが、(17日15時時点で)代替生産は開始していない」(広報)。

同じく、操業を停止しているロームつくば(茨城県つくば市北原)も、設備等に損壊は見られないが、工業用水が復旧すれば、週内にも生産を再開できる見通し。ロームつくばでは、PCやテレビ等向けに、トランジスタやダイオードを生産している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。