「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトは全店6割の230店が営業見合わせ、うち40店は再開メド立たず【震災関連速報】

「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトは全店6割の230店が営業見合わせ、うち40店は再開メド立たず【震災関連速報】

回転すし業態「かっぱ寿司」380店を展開するカッパ・クリエイトは、東日本巨大地震の影響を受け、東北・関東甲信越地方と静岡県の一部で全店の6割に当たる230店で営業を見合わせている。東京・千葉・神奈川など首都圏は、営業時間の短縮で対応している。

営業停止している230店のうち、80店が東北地方、150店舗が関東甲信越地方に当たる。東北地方の中でも、日本海側の岩手、宮城、福島の約40店舗は建物の損壊が激しく営業再開のメドが立っていない。太平洋側の山形、秋田、青森の約40店舗は「建物の損壊は軽微で店の従業員も元気なため、今週中には営業再開が出来る見通し」(財務担当執行役員の中井鉄太郎氏)という。

関東甲信越地方で営業停止中の150店については、食材輸送網が回復し次第、16~17日には営業再開する方針だ。今後、首都圏含めた関東圏で実施が予定されている計画停電についても、「3時間であれば方法によって食材の鮮度は保てる」(中井氏)とのことで、受ける被害は限定的と見られる。

なお、かっぱ寿司の店舗従業員6人(釜石店、気仙沼店、大船渡店各2名)の安否確認が取れていない。同社は自社のホームページを通じて情報提供を呼び掛けている。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。