グノシー、「数年後にはドローン飛ばします」

ニュースアプリは"入り口"に過ぎない

六本木ヒルズの森タワーにある本社オフィスは広々としている。昨年12月に引っ越したばかりだ
2014年11月に新事業戦略「5000万人都市構想」、さらに新サービス「Gunosy Platform」を発表したグノシー。現在、ニュース以外にもコンテンツの幅を広げると同時に、スマートフォンをベースにしたプラットフォームを目指している。その進む方向について福島良典CEOに話を聞いた。

 

──テレビCMをかなり打っています。すでに累積800万ダウンロードを突破していますが、どこまで伸びると思っていますか。

今のところの想定は、3000万~5000万ダウンロードがアッパーだと思っています。そこまでは無尽蔵に広告を打ち続けても大丈夫だと考えています。

参考にしているのはヤフートピックスのユニークユーザーです。ヤフトピのユニークユーザーは8000万ほどいる。そのうち半分がモバイルだとすれば4000万。ヤフトピは現状でそれだけのユーザーがいるので、スマホユーザーがこれからも伸びていくことを考えれば、うちも少なく見積もっても3000万、強気に見ると5000万はいけると計算できます。

──その数字になるまでは広告を打ち続ける?

広告は投資だと考えています。会計上は損益計算書に計上されるので赤字にみえるのですが、新規顧客を取るための支出は、すべて投資です。3年以内にはそこに到達することを目指します。

ユーザー獲得、コンテンツ獲得の両面で投資

──ニュース以外にもコンテンツの幅を広げていますが、コンテンツを増やしていく、というのもある意味では投資ですよね。当初はそれなりにコスト負担をしなければ参加するメディアは増えていかないでしょうから。

もちろん、そうです。コンテンツが面白くなければユーザーは獲得できないし、たくさんのユーザーがいなければいいコンテンツは集まりません。まさに鶏と卵の関係です。コンテンツ獲得、ユーザー獲得の両面で投資を続けます。

──累積5000万ダウンロードを実現したとき、実際のユーザー数がどのくらい残っているかも肝心です。

5000万ダウンロードあれば、少なくとも2000万人は使っているでしょう。3000万人いれば相当優秀だと思います。やはりアプリは消されたら2度とダウンロードされませんし、そのままに放置されて忘れられてしまうこともあるので、そこが難しい。

そこがブラウザを用いるサービスと違うところです。だから当然、「ブラウザでどのようにニュースをみせていくか」ということも考えていきます。ブラウザで検索した結果、アプリへ誘導するディープリンキングのような仕組みも使っていきたい。3年後はアプリがまだ強いと思いますが、5年後にはアプリは消えてなくなっているかもしれない。間違いなく、アプリはあまり使われなくなります。

次ページ「1PV1円」実現に向けての勝算は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。