日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済の「迷走の要因」とその処方箋として「新基軸」を論述する。迷走の要因については「経済についての解釈の誤り」に求め、構造改革、デフレ対応などの経済政策、さらに外交問題、民主党政策、医療問題にかかわる社会事象の分析を通じて、抱える問題点を浮き彫りにする。

一方、新基軸は公共サービスが担うとする。技術革新が資本主義の原動力であり、それが必然的にリスクを胚胎する以上、確率計算しえない不確実性が生み出される。その不確実性と「真逆」である安心、ないし世の中に対する信頼を行き渡らせるため、赤字でも供給すべき公共サービスがあるとの考えの下、公共部門の「なすべきこと」が追求されなければならないと説く。

NHK出版新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。